FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ島 バロンダンス

バロンダンスを見に行って来ました。

バリでは有名な伝統舞踊ですが、内容を簡略化していうと、
獅子の姿をした聖獣「バロン」と、魔女が変身した化け物「ランダ」が主役となるストーリーで、
もともとは人々を災いから守る為の儀式として行われてきたもののようです。

でも、今回見たバロンダンスは、バリ島の伝統劇が融合しているようにも感じました。

バリ島 バロンダンス-2



場所は以前紹介した、samasta内の噴水部分です。

バリ島 バロンダンス-3




バロンダンスでは、「ガムラン」というバリ島独特の楽器を使用します。
バリらしい素敵な音色です。

バリ島 バロンダンス-1



バロンが一旦退場した後、jauk manis(ジャウッ マニス)という半分人間、
半分巨人(ラクササ)のキャラクターが登場。
本来は、トペン劇という仮面を使った劇に出てくるキャラクターのようです。

バリ島 バロンダンス-6



長く伸びた爪を小刻みに震わせる、コミカルな動きをしています。

バリ島 バロンダンス-5



jauk keras(ジャウッ クラス)という、赤い仮面のキャラクターも途中で加わり、
どうやら喧嘩しているような動きでした。

バリ島 バロンダンス-7



その後登場したのが(多分)魔女ランダ。
ここのシーンでバロンも加わり、善と悪との戦いが始まります。

バリ島 バロンダンス-8



しかし、その勝敗はつかないままに物語は終了。
バロンダンスは、善と悪、海と山、聖と邪、生と死など、
相反する力が共存することで世の中のバランスが保たれているという、
バリ・ヒンドゥーの世界観を表しているのだそうです。

バリ島 バロンダンス-4



最後は全員集合。記念撮影に応じてました。
どのキャラクターも目力がすごい。

バリ島 バロンダンス-9

より本格的なバロンダンスとなると、登場人物が多かったり、
ストーリーももっと複雑なもののようです。
また見に行きたいと思いました。



ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
にほんブログ村

↓こちらもぜひよろしくお願いします。


バリ島撮影会社ムーンライズエンターテイメントに所属しています。
↓撮影等に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。
MOONRISE LOGO
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。